What Matters Most.
新製品、整備のためのヒント、オペレータのためのトレーニング、コースにまつわる様々な話題をカバーします。
グルーミングでパーフェクトなコース作り - すべてが新しいユニバーサルグルーマ

あなたのグリーンをベストなプレーコンディションにする新しいツール。トロの新しいグルーマ製品ラインなら、ゴルファーの希望に合わせてグリーンのコンディショニングを行うための様々な手法が選択できます。 ひとつの製品、ふたつの駆動モード トロのユニバーサル双方向グルーマは、二種類の回転モード(とニュートラル)モードの使い分けが可能セレクタノブを回すだけで、前進回転、後進回転、ニュートラルを選択できます。 必要な場所にだけグルーミング グルーミングやブラッシングを避けたい場所があるのでは?必要な時期に、必要な場所にだけグルーミング。それが可能になります。たとえば、外周部分にはグルーミングを行わないとか、高温高湿のストレス時期にはグルーミングを避けたい場所があるという場合がありますよね。 インプレメントの交換が手早くできる Toro® の新しいユニバーサルグルーマは、アクセサリの交換がとても簡単。フランジを外してインプレメントを交換すればおしまいです。グルーマからブラシへ、素早くシンプルに切り替え。コースのコンディションや季節に合わせて自由自在。 ユニバーサルフィット 新しいグルーマはトロのグリーンズモア用 DPA(2 点精密調整)カッティングユニットおよび Reelmaster® の 5” および 7″ DPA カッティングユニット共通です。グルーマは一種類。だから整備士の負担が大きく軽減されます。左右対称設計なので、右側駆動でも左側駆動でもOK。 新しい双方向駆動ユニバーサルグルーマは既に発売中。これまでのグルーマで使用していたグリーン用やフェアウェイ用のアタッチメントはそのまま使うことができます。さらに詳しい情報については、地域担当のディストリビュータまたは […]

Sep
18
0
Comments
エアレーションの時期ですか?トロならどんなタインでもご提供できます

適切な時期に、適切なタインで、適切な種類のエアレーション。それこそあなたの望むものでしょう。季節によって、コンディションによって、タインを変えたい。Toro には、あなたが思い描く全てのタインがきっとあります。Toro の TITAN® タインは、あなたのコースにベストのケアをしたい場合の最高のタインです。タイタンのラインアップは 150 種類以上。だから、必ずご希望のタインが見つかるのです。 ほとんどどのタインでも、ターフに最も多く接触する先端部から磨耗してきます。タイタン Max タインは、先端部にタングステンカーバイド鋼を使用しており、鋭利な先端部が長もちするのが特長。先端部が鋭利であれば、芝草を無駄に傷つけずにきれいな穴を開けることができますから、エアレーション後の芝草の回復が速いのです。カーバイドチップは簡単に外れたり割れたりしないよう、先端部にしっかりとロウ付けされています。非常に耐久性が高いので、大抵のコンディションで、長時間にわたって素晴らしい穴あけを続けることができます。 TITAN タインはサイズもタイプも種類が豊富。健康で丈夫な芝草を維持するためにあなたが考えるエアレーションに確実に応えます。 なぜ TITAN タインを選ぶのか? どのタイタンタインも、特殊合金製。強靭性と耐摩耗性を最大化する独自の熱処理を行っています。深くきれいにコアを抜き、サッチの除去や目砂作業を効率化するように製造されています。そのため、芝草の回復も速く、プレアビリティの戻りも速いのが特長です。さらに、強靭性が高いため、長時間にわたって一定の深さで安定したエアレーションを行うことができ、タインを交換する手間が少ないのが特長です。 計画立案のための資料 どのタインをどのように使うとエアレーション面積の何パーセントをコアとして抜くことができるのか、コアの総体積はどのくらいか、ターフに与えるダメージはどのくらいかを簡単に計算できる便利なツールをご提供しています。 くわしくは、オンラインの 2016トロ […]

Sep
18
0
Comments
Le Golf National が Toro® のイリゲーション製品を信頼する訳

2018 年ライダーカップは、パリ近郊の Le Golf National で開催される予定で、現地では着々と準備が進められています。チャンピオンシップクラスのコンディション作りには適切な用水管理が絶対。そのため、コースでは排水設備を完全に新しくし、さらに散水システムに Toro® を採用しました。 Le Golf National はパリから 24 km の所にあり、全部で 3 つのコース、L’Albatros(アルバトロス)、L’Aigle (イーグル)、L’Oiselet(バーディ)およびトレーニング専用施設から構成されているゴルフ場です。1991 年から全仏オープンの開催場所でもあり、今回のライダーカップの会場となるのはアルバトロスコース。 今回は、このコースに導入された主力製品と最新の技術が、世紀の大イベントにどのように節水とコストダウンを実現するのかをご紹介しましょう。 正確な散水コントロール […]

Sep
18
0
Comments